2014年3月14日金曜日

記述仕様・上



【記述仕様・上】は、ご相談にあたっての、
 諸条件を具体例をもって表記したものです
 内容にあっては「適時更新型」です、あらかじめご了承ください


【会社設立】
設立においての重要なポイントをお話致します
そこにおける経緯、相談手順等についてのお話です
時間という姿かたちのない存在を中心とした、
モノの観方・考え方をお話してまいりますので、
戸惑いを隠せないとは存じます


・時間解析
起業するにあたり、いつ設立をするのか、どこで起業するのかという、
「時間」と「場」に対するモノの観方、考え方、
これこそがこれからお話していく、企業経営の二大視点です
さらに、起業するのは誰なのかを含めて三大要素となります

これに、共同経営者がいるのか、出資者は別にいるのか、名義貸しだけ、
雇われ経営者、引き継ぎ者としての立場、持ち株会社、、、等々の、
具体的環境によっても、現象は変わります

相続の場合、与える側と受ける側、それぞれの関係者の生年月日、氏名、
相続登記した期日によってもありかたは、大きく変わるわけです

これほど可変的にかわるモノ、いろどりとしてあるのが現象世界であり、
統括しているものこそが時間です
ここでは一つ一つこの問題を紐解いていきながら、時間とはなんなのか、
どのように綾を成していくのか、見つめてみたいと考えます


・業種
同じ時間に設立している場合でも経営する人物が違うわけですから、
何ら時間的条件は変わらないにもかかわらず現象は大きく変わります
同様に業種、業態、事業規模など条件により、不況時における業績内容も、
結果として現象のあらわれかたも、異なってくるようです

コロナの時代、世情から受ける影響についても、
業種・業態・規模によりでかたがことなることは、
今日、コロナ禍に病む社会が教えています

世界恐慌とは異なり、コロナ禍においては、破局性が一極集中のかたちで、
あらわれております
ウイルス感染(4数理破局)に関連しますから、業種、業態、規模も比較的
小型のものが中心となって事態が始まっております

発生時間帯(4数年)の影響を受け、爆発的に広く拡散(J場・4-3)し、
今年の場合、観光業(J場)と関連する観光交通機関、
それにかかわる宿泊関連(E場・9-8)、クリーニング業(J場)、
人の集合する劇場、舞台会場、密集する社交場、宴会場、ナイトパブなど、
4数理にかかわる破局性と、4数理の反転した7数理による
飲食業、日本では食事処、居酒屋(C場)に集中しております

が、この状況がもう一歩進むと、総合性を意味する5数理がからんできますから
社会全体(5数理)をつつんで、大企業にまで向かっていきます
これが世界恐慌の前段階としてのものです

国家としても、いまのうちに区切りをつけたいわけですが、
来年度は5数丑年を迎えますから、予断を許しません

2020年     陰数理
  4数理     7数理

X  X       X
 3 8 1   6 2 4
 2 4 6   5 7 9X
 7 9 5   1 3 8


さらに時間的観点といっても、
創業年月日によってもかわり
法人年月日によってもかわり
会社の進む方向性も変わるし、
上場年月日によってもかわり、
業績が変わりゆくことにも気づいていただきたいものです

時代と共鳴するものを持ち合わせるのが、上場企業でもあるのなら、
共鳴により急成長もするし、共鳴により悪影響も「洗礼」として受けてくる
発起人である「創業経営陣」が企業の遺伝子の役割をはたし、
うまれでた「企業体」が赤子としてのわが子です
次代を任せる「次期経営陣」の選択配置は企業の生命線に繋がるものです

ここにおいては、
過去の経歴も、実績の有無も、ブレーンや人脈の優劣も、
閨閥や派閥の存在も、なんら【実績】には意味のないものです
あるのは、限定的な影響力でしょうか、毒された姿かたちのない圧力です

一例が、影響力の大きさを欲しいままにしていた、
リーマンブラザースの倒産です
「崩壊の時がまわる」とそれまでの取り巻きは、蜘蛛の子を散らすように
姿を消してしまいます、堅固であったはずの根回しも意味を成しません
国家に見捨てられたわけです

ドラマ仕立てなら、主人公の関係者が、電話越しの謎の上司から指示を受けて
VIP顧客にかかわる秘密情報をきづかれぬままにすべて消去する、、、
しかし現実は、いたってシンプルでしょう
ドタバタが数週間前からはじまり「明日の家族と生活のため」に、
法に触れないギリギリのところで、社員一丸となってのリスクある関係情報の
分散と隠滅行為を図る、というところでしょうか


・伝統
永年、営む伝統の個人商店の「のれん分け」など、
どのようなものでしょう
親方から弟子への、のれん分け
親からわが子への、のれん分け
のれん分けと云うのは難しい、、、、

お客様は、
先代との時間質つながり
親方との時間質つながり
お客様と店のつながりもある
あり、ありあり尽くしのありですから、たいせつな「お客様」は、
先人からの譲りもの、、、、【のれん】繋がりです

のれん分けは、のれん分けされたあなたのものでもあり、
同時にあなたのものではなく、伝統に裏打ちされたものとなります
この場合、のれん分けの当事者同士の関係を、確認する必要があります

起業するのがはじめて
株式会社となるのがはじめて
上場するのがはじめて
どのような企業にも始めはあります
すべての始まりとなりますから
もっとも重要なものでもあります


・海外進出
海外進出が初めてという場合、その国との繋がりの重要性から、
いつごろその国へ初進出したかの時間質を確認します
また、そこの国における、取引関係先・仕入れ関係先との商取引開始日の
問題があります、ここに破局性がありますと、慣習になじめず
取引方式にとまどうこともあるし、原材料の粗悪化、従業員社員劣化、
仕入れ先が頻繁に変わる、など、ありえない不測の事態に見舞われます
2020年では、国家安全法なる法律により、製造・流通においての権利
さえも一瞬で取り上げられてしまう国まであります、もちろん保障などない
製造単価も人件費も安いから、そこを拠点になどと甘い考えでいると、
数年の内に抜き差しならぬ事態に見舞われる「企業も人もご家族も」
相当数あらわれることでしょう、、、、帰ってこられない
母国に本店がある場合、本店時間質とのかねあいにも現れているはずです
少しでも、数霊を学ばれていれば知りうる情報です

海外進出をするつもりならば、その国の建国年月日
あなたの会社が進出しようとしている時間質
あなたの会社が営業権を獲得した年月日
あなた自身の時間質、などいくつか調べられるくらいには、
ならないと、俄資産家となります

(注) 海外の場合、取引先企業の記述はあいまいですから、必要ありません


・資格試験取得
資格の志望選択はいつ頃したのか、目標はいつごろ定めたのか、
これが大きく影響します
あなたの目標決定時間帯に、生年月による破壊性がありますと
受験者にとっては難題となる、、、、アクシデントにより
集中できないという課題が起きてきます
目標を定めた時間によっては、アクシデントが身にまとい、
生活環境が様変わりする、そのことで才能が発揮できないわけです
これらの時間帯で、資格の取得に苦悩が生じたり、途中段階での挫折、
受験の場合、難関となるのか、的がぴたりと当たるのか、の差異がでます

ここまでは資格試験に対しての考察です、問題はこの先です
いつ頃、資格取得に至ったのか、取得年月日これは大きな開きになります
この時間の選択ちがいが、以後の収入、売上に大きなひらきとなります
資格取得したことよりも、いつなん時に資格取得したのかです

(註)医師などの国家試験においても、また、その他の資格においても同様です


・就職
これもまた、前項の「資格試験取得」と同様の考え方が必要となります
いつ就職するのか、また、いつ独立なさるのかも、重要な問題です

要約すれば会社選択の場合、
会社設立年月日と本人生年月日、また、接点となる入社年月日の関係です
この三点のバランスにより、その会社適性がハッキリあらわれてきます

また、その企業において、出世を希望している場合には、
その企業にある、しかるべき数理との兼ね合い、かかわり合いも重要です
企業との数理吸引作用の強弱関係により、その可能性が大幅に増大してきます
逆に例えるならば、出世したければあなたに合った、しかるべき企業選択を
することです
(注)官公庁の就職についても同様の働きがあります


華僑のように異国に骨をうずめる覚悟がある人たちは、強い
それにたいして『海外進出はするがいずれは日本にもどるつもりだ』
こんな考えで、成功すると思われますますか
2020年現在、明日も知れないのが為替動向です
また、為替動乱もすぐそこまでせまってきています
これは日本国内の問題だけではなく、世界的な問題となります
このあたりで、相談上の必要記入内容をご説明いたします

【基本記入事項】
必須1:ご本人の、生年月日(書類上ではない正規の生年月日)および氏名
    営業においてペンネームご使用の場合は、お名前と使用開始年月日      
      改名、改姓、ご成婚、ご養子、帰化などによる変更の場合、
    その使用年月日と使用氏名    

必須2:相談内容は、相談事情にあわせて周辺諸事情を詳細にご明記ください

必須3:質問事項については、箇条書きにて、ご明記ください

    以上はいかなるご相談においても記述してください
    個人として相談頂く場合の基本記入事項です


・企業
所有権のある代表者の場合、また、選任された代表者の場合によっても
対応の異なるのは当然のことですが、ここにおもしろい現象があります

*持ち株会社、同族会社などで、取得株式の分配取得年月日に離反は現れます
*企業設立年月と、増資の年月、それを保有する企業の取得年月日のなかにも
 社外関係は現れます
*支店や工場などの設立年月日のなかに、本社との関係はあります
 このように、開設はいつごろを予定しているのかは重要な観点です
*企業売却でも有価証券放出でも、その放出時間と放出先は重要です
 いつ頃の放出がよいかの時期選択、読み誤れば自社をそのまま食われます
*業務提携先、取引先の、変更等諸問題は、誤れば自社劣化につながります


・代替わり

初代社長がいれば、その人物にまとわりついている人脈・人材・企業体・
関連企業があり、『代』がかわれば、人脈も変わるし、人材にも
変化が現れ、左遷あり大抜擢ありです
代替わりは、取引企業も変わり、関連企業も変わり、
取引を切られる金融機関もあらわれる
それは本社、支社の位置づけも逆転させる
閉店する店舗、新設する店舗、入れ替える店舗と、多彩です

一国において比類なき4000年の伝統を重んじていた大国が、
ある日突然すべての歴史と伝統を否定し、書物を焼却し、
国の宝を廃棄し、金品にかえ、大革命へと向かう
国土にだけは異常なこだわりを持ち続け、
周辺国にも触手を動かしている

これも一国の代替わりです


・経営破たん   
破たん条件の場合、再生条件との兼ね合いもあります
設立年月と民事再生法申請年月、
設立年月と会社更生法申請年月、
これらの案件においては企業倒産年月での申請は破局でしかない
骨抜きにされてしまうわけです

再生を期しているならば、期すに値する「時間」を選ぶべきです
あなたにとっての「再起」となる時間帯を選ぶべきです
時代にのまれることは、戦国の世の勝敗に比するものです
心折れ投げてしまえばその時がほんとうの終焉です


ここで企業相談の場合の、必要な記入内容を、少しお話しましょう

【企業基本記入事項】
必須1:創業年月日と社名、法人化年月日と法人名、
    上場年月日と法人名、 改組年月日と法人名、
    改称年月日と改称名、
    (注)いずれにも該当する場合はすべて照会のこと

必須2:代表者生年月日と代表者名、
    代表者就任年月日と入社年月日、
    (注)会長・社長と役職がある場合、経営実権の所在を明記
       企業実権が外部他者、外部企業にある場合、できる範囲で詳細を記載ください

必須3:今回、相談案件の周辺事情を詳細にお知らせください

必須4:質問事項は箇条書きにて、明記ください

以上、企業相談においての必要記入事項を申し述べました


・経営改善
支店不振についての問題の根源は、本社・本店にあります
日本支社の根深い不振問題は本国本社にあるわけです
「出店」のCEOを変えてもCOOを替えても意味がない
大問題ほど、根深いものほど、「幹」や「根」の問題、、、自然律です
その大前提に立つことです、そのことに経営に携わるものとしても、また、
大株主としても、気づかねばなりません


・マーケティング 
地域進出問題もあります、進出してよいモノだろうか、、、、の問題です
マーケティングによる「様子見」から始めるわけですが、マーケティング自体
「いつ始めてもよい」というものではないからです、これを理解すべきです
マーケティング会社の選択、マーケティングの開始時間の選定
また、開業時期、開店日が、決まればその時間帯にそった時間選定
この考え方が、多用途に援用可能となる「基」です


・事件・事故問題
支店において問題発生の場合、マイナスを背負う時間帯での改革、変革など、
本社・本店が事件・事故以前に何か、しでかしていないかです
同時に、支店において何らかの環境変革をしてないかを調べることも大切
これらの捉え方は、本店設立時間と支店設立時間のかねあいを鑑みることです
このことが「企業再生」を始める第一歩となる
経営者は頭に叩き込むことです 

現場を替え、責任者を叱責し、工場長の更迭、などしても何も変わりません
「あなたを更迭すれば何もかもかわる」、、、、現場から退くことです


【なぜ記述を問うのか】
学校の成績で考えてみましょう、入学したと同時に学校と云う「器」に
入ったわけですから、ご入学時間帯がご本人の破局時間帯に
あたりますと、学業などに影響が出ます
努力・集中をさまたげる問題、出来事、障害などが発生しやすいわけです
それでも良い成績の場合は、よほどの頭脳の持ち主です、、、が、
悲しいかな人間です、破局性は家庭環境に流れる
破局性の働きとして、その人の弱いところに流れていく条件です
肉体面に向かうひとは、健康被害とか事件・事故の問題に現れ、
精神面に流れるひとは、心にかかわる事件・事故の問題が出てくる
学生だからと、学業にだけ破局性は現れるわけではないんです
学業を揺さぶるために、親の離婚なんてこともあるわけです
家庭問題からの転校・中退しかない条件などもあります
破局性の現象化です


【業種問題】
前回でしたか、業種の問題も少し話ました
業界・業種全体が、災いを被ることも経験しています
業態や規模によりさらにはっきりした差異が出てきます

多店舗化をはかり、人員もそれなりに抱えている美容院などでは、
社員・従業員の給料、家賃が重くのしかかる、、、、
駅前店なんて早期撤退しかなくなります
小口個人店では小休憩で済まされる出来事も、
大容量の大型店舗では、コロナ時代には課題を孕みます
それは、これからの時代、国が大企業にしか目が届かなくなるからです


・食品
我が国の食品業界、畜産業界、製造業界を考えてみましょう
昨今の、中国製造所の問題に端を発した米国M社の事件も、
一夜にして30~50%の売り上げ下降がおこるわけです
ライバル国に生産拠点を置いた米国M本社の戦略ミス
本社ミスですから、本社破壊数理をカバーできる、
登場人物が出ないと回復は難しいでしょう
ある意味、仕組まれたものです


・農業・畜産業関係
生育現場、生産工場、製造工場、等においての【注意点】が各社共通で、
「設置場所」と「採用品種」ばかりにとらわれている、そのもとはコスト
あいもかわらず、「時間選別」はできておりません
本社、支社とのかねあいに着眼していない

・支社の操業開始年月は
・関係各所、仕入れ先との取引開始時期は
・関係農場、製造工場への委託契約年月は
・自社製造工場の稼働ライン開始年月は

、、、、2020年今、現在も着眼できない

これらを見落とせば、「ひとつの非常事態」でさえ危うい
「ひとつのパンデミック」でさえ、乗り越えることは不可能
あおりを食らうだけで壊滅的打撃を被ります
2020年、世情をかえりみても、ご理解いただけるでしょう


製造コスト、流通コストの安い国、近隣国で絞りこみますから、
日本にとっては依然として中国となる、その結果が今日、
2020年コロナ禍です

これを時間分散させることで、「場所」や「品種」だけでは、
カバーしきれないパンデミックの条件を、緩和させ鎮静化させる
ことが十分可能です


・製造業関係
「生鮮食品じゃない製造業だから大丈夫だ」と、安心していませんか
ここのところ某国のマスク外交などもある時代です

海外にある、自社製造工場であるにもかかわらず、
その生産ライン商品が何一つ自由にならない
その国に接収されてしまう時代です
接収代金はもどりますか???

日本での商い製品として、帰国するはずであったマスクなのに

今後ますます、原料、材料の調達場所選別についても、難しくなる
工場の生産ラインにのせても良い国なのか、否か、国自体の査定
保管倉庫場所選定と、その開設時間、この分散が必要になってきます


・起業
起業内容の平易な説明をそえてください
あなたが、起業の意志を奥様やお子様に噛んで含めるように、
わたくしにも、おはなしください
必要事項をそえて、いつごろまでにスタート予定をしているのか、、、、
文面拝読したうえで、こちらからもご理解いただけるように、
ご説明申し上げます


・文筆業
某大賞受賞が、受賞後の活動に影響をあたえることは周知です
これには続きがあり、受賞年月日が足かせとなる、
もうひとつの見えない世界の存在です
受賞を辞退する必要のある時期や時間があるんです

泉のごとく湧き出た閃きも枯渇しとぎれる
ことになる世界がある


・スポーツ界
アマ界で実力発揮していたのに、プロではポシャる選手の多いスポーツ界
芸術界と同様、先天性が比重を持つ世界でもあります

が、同時に先天的才能をつかさどる生月・生日部分から
後発的才能をつかさどる「生年の働きが主流」となる入れ替わり時期とも重なる
スポーツ選手が17・8歳をもって多くが消えていく理由がわからない
日本で云う「元服」のいみあいも、ここに潜んでいます
ここに数理バランスがあるわけです

また、世界に通用する才を持ちながら、プロデビュー時期をあやまるとか、
海外進出時期のミス、やむなく別の道へ向かうかた、、、、

これらのことを踏まえたうえで、
ご自身を活かすのは「時間」が大きく作用している、
このことを認識することから始めることです


・結婚相手・相続者
伴侶になる方の場合、妻となるかたからすると、夫を示す位置と、
縁を示す位置に、相手側の数理が絡んでいる条件です
夫側からは、妻を示す位置、ならびに縁を示す位置に、相手側の数理が
鎮座しているものです

養子縁組にしても、養子を示す位置に相手側の数理があり、
縁を示す位置にも、相手側数理が位置しているものです

これらの問題には、家系を「つなぐ」わけですから、家系の「姓」の
問題が存在します
また、金ずるとしての縁にはそれなりの位置に数理が位置し、
偽装には偽装の位置に数理が回り込むもの、偽装の位置とは何でしょうか


・条約や契約の問題
錯綜する現代における国家間の通商条約にも対応し、
企業間の合併における諸問題にも当然のように数理は影響します
国家の成立年月はえてして、不明確な場合が多くあります
どこの国家も、それなりに大安吉日みたいなものがあるようですから
定かではありませんが、よく吟味することです

その上において、建国年月、成立年月を対応することからはじめます
条約した途端のクーデターなんてよくあるモノです
成立年月の見落としが原因です、吟味不足

条約には条約の、して良い年月があります
でないと、数十年後に溯上しての破棄なんてこともありますから
このような国家の場合、条約以前に未熟ですから
それなりの対応にとどめることです深入りは禁物、
軍事情報の共有なんて、愚かなこと


・法人化の問題
創業時よりみて良い場合でも、
法人化年月よりみると異なる場合もあるし、
上場年月よりみると頭を抱える場合すらあるわけですから、吟味は必要です

強い勧めでデパートに出店したものの、法人直後にコロナトラブル
なんてこともある
出店をしたとはいっても、法人化した途端に、話が違ってくる
ことだってあるのです、、、、不測の事態という問題

やはり三顧の礼をいただいて、はじめて出店するくらいがよい

遠い昔のバブルの時代、神田駅前の大地主さんが、
銀行さんからの三顧の礼をもって、はじめて重い腰をあげたらば、
直後にバブルがはじけてしまった、、、、
すべて失った現在も、左うちわです
銀行書面・証書・覚書すべてそろっておりますから


・不安定業種の場合
閉業できずにしがみついている場合もありましょう
一旦、会社の「閉業」の形式が必要なのかを査定しないとなりません
営業資格取得年月日が不安定さに絡んでいる場合もありますから、
その点検が必要な場合があります

東京にはいろいろな商店会、商業振興会、~銀座商店街協同組合、など、、
歴史と地域を彩る街並みがたくさんあります
住いから近くはないのですが、昭和35年に成立した向島某商店会が
大好きで利用させていただいております
数日前もイナゴの佃煮買い込んで一杯しております
最近少し活気が出てはきましたが、往年のような賑わいには程遠い
いつまでも江戸の風物は大切にしたいものです
これを再生する手立てはないのだろうか、ふと考えます


【ご質問事項、ご相談事項について】
ご相談者の相談内容の記載について「記述仕様」で、お話してまいりました
ご相談者からの「ご質問」や「ご相談」について、できるだけ詳細な回答を
してまいりたいと存じます

*ご相談内容の周辺については詳細にお話し下さい
*ご相談内容には、金銭状況/収入収支などの記載は無用です

「記述仕様・上」の内容につきましては、詳細なご理解を戴くため、
随時加筆調整しておりますので、あらかじめご了承ください

ご相談以外のご確認、ご質問は、JMN墾天沼矛(株)あて、
メールにてお問い合わせください



更新日:2016年3月
更新日:2020年7月